インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

231毎日の徒然