インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

231毎日の徒然