たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。
浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする事も多くなりましたが、やはり浮気相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。ですから電話をする可能性も否定できないのです。 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば購入できます。
追跡グッズは、GPS端末を一般に使用されることが多いですが、これはいかなる人でもネット等で購入可能です。車に載せているのをよく見るGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、当然、誰でも購入できます。不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する場合には、敵の情報は必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を手に入れなければ駄目です。
それには探偵の浮気調査が有用で、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、用意してくれるでしょう。車の目立たない場所にGPS端末を取り付けておいて、行動を常時監視し続け、現在地を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動の様子を分析したりします。
あまり、車を運転しない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。
こうすることによって、パートナーの行き先やそこにどのくらいいたのかもわかります。不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。
婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかよく考えてから相談するといいでしょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。
女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂されたくない場合には、絶対にやってはいけません。
日々の生活の中で、相手の行動を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が安全、安心です。
そして、探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。
カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられる場合があります。あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意しなければいけません。
それに加えて、よくもしもガソリンが入れられていたら、デートに車が使われているかもしれません。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要となります。
第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。

231毎日の徒然